沖縄の観光情報 【沖縄・旅行情報】



 
[ ゆんたくへ

沖縄旅行のガイドに!沖縄の観光情報・観光スポットをレポート

 
 

カテゴリから選ぶ

エリアから選ぶ




お薦めリンク





■海中道路

 与勝半島と平安座島(へんざじま)を結ぶ全長4.75kmの県道。ごく浅い海域に土手を積み上げて作られ、『海中道路』としては「東洋一」の規模を誇る。沖縄ではドライブコースとしても有名で海中と同じ目線で走っている感覚をおぼえ、「会場を走る滑走路」「あやはし」とも呼ばれている。海中道路を渡ると宮城島(みやぎじま)、伊計島(いけいじま)にも通じる。


名前とのギャップ

拡大写真

 『海中道路』と聞くと海の中を走っている道路と勘違いする人が多いが、実際はそうではない、名前の由来は終戦後、干潟時に米軍の水陸両用車やトラックで往来していた、その光景から『海中道路』と名付けられた。



 名前だけかと気を落とす方は多いかもしれないが、地元ならではの楽しみ方はちゃんとあるのでご安心を。



 海中を走っていないからといってがっかりしてはいけない、地元でもドライビングポイントになっているのはそれなりのわけがある!!



 昼間は晴れると車の窓を全開にして走るとすぐ隣には海で波の音と太陽の日差しが心地いい。

本物のスローライフを味わえます!! っというか暑くて動きがゆっくりになるので、時間がゆっくりに流れているような感じになっているのかもしれない。



 夜はいっぺん、昼間の暑さを静かに鎮めてくれる海風が心地よく波の音を聞きながら夜景や星空を見ると幸せを感じてしまうだろう。



 夏の沖縄は夜、海辺でバーベキューが盛んに行われているので、海辺を見て歩くのもいいでしょうね。



 近くの島々に渡っていくと余計な明かりが消えてまさにアイランド、大げさかもしれないが海と星空、夜景を一気に楽しむにははずせない。

 

施設も整い

拡大写真

 海中道路はドライビングポイントとしては有名なので駐車場のスペースが約300台と広く、8000平方メートルの敷地内に道の駅あやはし館が建っている、1階には物産館、2階には海洋歴史民族資料館がある。



 ドライブだけではなく買い物や歴史を知ることも出来る施設になっている。

 

遊び方いろいろ

拡大写真

 晴れた日にドライブするとどうしても泳ぎたくなるはずなので水着は忘れずに、海は比較的浅めで気楽に遊べて、泳いだ後はシャワーもあるのでご心配なく。



 応急処置の対処法も壁に描かれているのでマウスtoマウスの練習も忘れずに・・・冗談です・・・



 北側の水深の深いところではウィンドサーフィンや釣りをしているすがたも見かけるので、楽しみ方はいろいろだ。

 

食事のバリエーションもいろいろ

拡大写真

 道の駅あやはしでも食事はとれるんですが、せっかくドライブに来たなら雰囲気も大切に海を見ながら食事か、パーラーもあるのでアイスクリームなど木陰で食べるのもいいものだ。



 パーラーはオープンして9年間もひたしまれている。



 ウチナーンチュに人気のキングタコス与勝店もあるのでそこでタコライスを食べるのもいい感じだ。

 

設備

シャワー、駐車場あり。
 
 

(ライター:荻堂商店)  


Data
場所: 沖縄県中頭郡与那城町屋平(海中道路中央付近)

周辺の情報を「沖縄旅行・沖縄観光MAP」で探す

この観光情報を見た人は、1989人




沖縄観光・沖縄旅行情報に戻る
会社概要お問い合わせ沖縄・求人情報沖縄レンタルバイク
ゆんたく沖縄ダイビング情報不動産情報検問情報パソコンサポート
*
Copyright ©1998-2017 ClickOkinawa All Right Reserved.
*