沖縄の観光情報 【沖縄・旅行情報】



 
[ ゆんたくへ

沖縄旅行のガイドに!沖縄の観光情報・観光スポットをレポート

 
 

カテゴリから選ぶ

エリアから選ぶ




お薦めリンク





■森川公園

羽衣伝説の泉もある公園で、緑が多く、体を休めるにはとても都合の良い場所である。 
 
 
 
 


羽衣伝説とは

拡大写真

 羽衣伝説とは、奥間大親(おくまうふや)という男が森の川へ来たところ、美しい娘が水浴びをしているのを見つけ、木にかけられた娘の羽衣を隠してしまう。



 困りはてているその娘を家へ連れて帰り、そのうち、二人には子供もできるが、内緒で家の中に隠してあったの羽衣のありかに、子供が気付き、そのことを歌にして歌っていたのを娘が耳にして、衣を見つけ、天に帰っていってしまう、というものである。

 

拡大写真

テニスコートが一面ある。昼は空いていることが多いようなので、利用してみてはいかがだろうか。

 

拡大写真

 遊具は、大きな滑り台、ばねのついた木材の上に乗って遊ぶトランポリンのような器具、ブランコ、砂場がある。

 

ハブに注意!

拡大写真

 さらに上へ進むと、"ハブに注意"の注意書きがある。なるほど、これほど自然に囲まれている環境だと、ハブが出てきてもおかしくない。小鳥の姿も見かけられる。

 

拡大写真

 ずっと上っていくと、この広場に出る。これだけの広さがあれば、多くの人で賑わっても大丈夫だろう。

 

羽衣伝説の場所

拡大写真

 駐車場から坂を上がらずに、反対側へ進むと…沖縄県指定名勝 宜野湾市 森の川と、ある。



ここが羽衣伝説の場所だ。



 きれいな湧き水がこんこんと出ており、ふれてみるとさほど冷たくなかった。側には、拝所がある。

 

西森碑記(にしもりひき)

拡大写真

また、もう少し奥のほうには宜野湾市指定史跡 西森碑記(にしもりひき)がある。



説明が宜野湾市教育委員会よりなされているが、碑文の主旨は、



 森の川で沐浴していた天女と奥間大親(おくまうふや)とが出会い、一男一女が生まれた。



 向氏(しょううじ)伊江家の子孫たちは、自分たちの元祖の母である、城の大按司志良礼(ぐすくのうふあんししられ)の親が、奥間大親(おくまうふや)の末裔であると言われている野国掟(のぐにうつち)であるため、おそらくその理由で、毎年五月に西森および森の川の泉を拝んでいる。



 その事情から、向氏伊江家の子孫たちは、先祖をしのび尊ぶために、泉を囲み、門を造り、また、西森の前にも石垣を作り、門を開け出入りができるようにした。



 その完成記念として、雍正(ようせい)三年に建立したものがこの石碑である。



ということだ。

 
その隣には、戦没者慰霊の塔、森川之塔がある。ここにも戦争の跡が残っていた・・・。
 
 

(ライター:ごう)  


Data
場所: 沖縄県宜野湾市真志喜1-24-1

周辺の情報を「沖縄旅行・沖縄観光MAP」で探す

この観光情報を見た人は、1589人




沖縄観光・沖縄旅行情報に戻る
会社概要お問い合わせ沖縄・求人情報沖縄レンタルバイク
ゆんたく沖縄ダイビング情報不動産情報検問情報パソコンサポート
*
Copyright ©1998-2017 ClickOkinawa All Right Reserved.
*