沖縄の観光情報 【沖縄・旅行情報】



 
[ ゆんたくへ

沖縄旅行のガイドに!沖縄の観光情報・観光スポットをレポート

 
 

カテゴリから選ぶ

エリアから選ぶ




お薦めリンク





■琉球ガラス工房「海風」

琉球ガラス工房「海風」は、読谷村のテーマパーク・「体験王国 むら咲むら」の中にある。その名のとおり、工房の目の前にはビーチがあり、そこから吹き込む風は周囲のサトウキビ畑を揺らしている。


うちなーの心

拡大写真

 明治生まれのオバァが「学生時代、修学旅行でガラスを吹いたことがある」というのだから、琉球ガラスの歴史は意外と古い。だが、ややもすると、そうした伝統工芸に触れる機会も時代の流れの中で減りつつあるようにも感じる。 



 琉球ガラス工房「海風」に勤める宮城拓矢さん(23歳)は言う。

「いつまでもうちなーの心を留めておきたいし、また、そんな思いをぼくたち若い世代の間にも広げていきたいんです」。

静かな笑顔に秘めた真剣な眼差しが印象的だ。



 そんな彼だが、吹きガラス制作体験に訪れるお客さんには底抜けに明るく、グラス制作の過程でさまざまなパフォーマンスを見せてくれる。



 自然、お客さんの顔にも笑みが浮かび、制作を終えた頃には心も温まっている。いわば「ココロのエステティシャン」といったところだ。記念撮影に収まることも多く、感謝の手紙とともにそうした写真が添えられていることもよくある。宮城さんのいう「うちなーの心」とは、ただ単に伝統工芸を守ることだけにとどまらず、大戦を経てより一層その工芸に対する情熱を傾けていった沖縄の、しなやかな優しさをも指しているのだろう。

 

制作体験 ― ガラスと心

 制作体験で人気があるのは「宙吹き」と呼ばれる製法で作られる「たるコップ」、ゴーヤーの型をとった「型吹き」と呼ばれる製法で作られる「ゴーヤーロックグラス」、思い思いのデザインで取手を作ることのできる「ジョッキ」だ。



 ベースの色を選択できるほか、トッピングとしてカレット(水玉模様)を6色から選ぶこともできる。
 
 「ガラスは人を映すんですよね。緊張して動きが固くなるとガラスも緊張してしまいます。



 沖縄の空と海は広くて澄んでいます。手の加えられていないガラスはそれとよく似ています。琉球ガラスの特徴を一言でいえば、そのぬくもりですね。



 普通ガラスは冷たいというイメージがあるかもしれないですけれども、わかるんです。楽しんで作ったガラスは、どんな形をしていても、喜んでいます」



--海風工房の工場長・松田将吾さん(27歳)は語る。
 

ホンモノの時代が来る

拡大写真

 琉球ガラス工房「海風」の代表・屋良彰さん(35歳)は工房を立ち上げる前は、お土産屋さんを開いていた。当時、「琉球ガラス」と銘打たれながら、外国製の商品を扱っている店も少なくなかったという。



 「やがてホンモノの時代が来る、ホンモノの持つ心、熱と力、それを求める時代が来る」--そう思い、始めた工房だった。屋良さんのそうした信念は「ホンモノ」の人材を呼び寄せることにもなった。「海風ブランド」はそのような中から生まれてきたものだ。



 間もなく海風工房は設立から5年目を迎える。その中には学生時代に心理学を専攻し、そうした経験からか、独特な安らぎを作品に吹き込む伊敷寛光さん(44歳)や、限りないモチベーションで新たな境地を開き続ける具志堅充さん(29歳)といった人々もいる。



 海風工房の中でも「うちなーの心」を牽引する大きな存在だ。制作体験をするだけでなくその職人技によってガラス器が作られていくさまを眺めるだけでも、時を忘れてしまう。お客さんの中には工房に3日通ったという人もいる。リピーターも多い。海風工房ならではの一コマだ。

 

拡大写真

 工房に隣接する直販コーナーにはそうした職人技の磨かれた作品がいくつも並んでいる。



 自分のためだけでなく、贈答品や、結婚式の引き出物に手作りのぬくもりのある琉球ガラスを求める人も多い。また、店外にあるアウトレットコーナーは1つ525円、5つセットで2100円という、手作りの作品としては破格の値段がつけられており、若い世代にも琉球ガラスを手にするチャンスを与えている。

 
 「いつまでもうちなーの心を留めておきたいし、また、そんな思いをぼくたち若い世代の間にも広げていきたいんです」――。



 宮城さんの思いはこうしたところから育まれ、発信されているのかもしれない。
 

メモ

吹きガラス制作体験

  ウォーターグラス:1800円

  ロックグラス:2000円

  たるコップ:2000円

  でこぼこゴーヤーグラス:2000円

  グラス(大):2500円

  灰皿:2500円

  トッピングカレット(水玉模様)

  1色  200円

  2〜3色 400円

  4〜6色 500円

(赤、青、紫、白、緑、水色)

サンドブラスト体験1500円(セット料金)



営業時間 9:00〜18:00(年中無休)
 
 

(ライター:zinko)  


Data
場所: 沖縄県中頭郡読谷村字高志保1020-1むら咲きむら内
電話番号: 098-958-3824

周辺の情報を「沖縄旅行・沖縄観光MAP」で探す

この観光情報を見た人は、2991人




沖縄観光・沖縄旅行情報に戻る
会社概要お問い合わせ沖縄・求人情報沖縄レンタルバイク
ゆんたく沖縄ダイビング情報不動産情報検問情報パソコンサポート
*
Copyright ©1998-2017 ClickOkinawa All Right Reserved.
*