沖縄の観光情報 【沖縄・旅行情報】



 
[ ゆんたくへ

沖縄旅行のガイドに!沖縄の観光情報・観光スポットをレポート

 
 

カテゴリから選ぶ

エリアから選ぶ




お薦めリンク





■ビオスの丘

ビオスとはギリシア語で「生命」という意味だそうだ。その名に相応しく、ビオスの丘には蘭を初めとする亜熱帯植物や幾種類もの生き物たちが息づいている。



そんな豊かな生命達に囲まれながら、湖水観賞舟で園内の池を遊覧したり、森の中の散策路を歩いたり、広い自然空間で昔なつかしの遊びを楽しんだり、、、、、、ビオスの丘は南国・沖縄の自然を満喫するにはもってこいの場所だ。


ビオスの丘へ

拡大写真

 ビオスの丘は海抜約110〜130メートルの石川高原に位置しており、丘陵の中を暫く行くと、そこには「花と湖のトポス ビオスの丘」と書かれた緑色のサインが見えてきた。



 やはり高原と呼ばれるだけあり、太陽がサンサンと照らす中でも涼風が感じられたのがとても印象的だ。



 早速入園口に入り、エレベーターを降りる、、、。



 すると、そこはまさに自然の楽園という感じで、園内随所に緑が溢れ、沢山の蘭が咲き誇っていたのである。



 今まで蘭は温室や室内にあるものと思っていただけに、野外で咲いているその姿はより神秘的に思え、カメラのシャッターを何度も押さずに入られなかったほどだ。

 

湖水観賞舟にのって

拡大写真

 私が園内に入園した時には丁度出航10分前だったので、早速観賞舟の舟着き場である綾舟場(あやふにば)へ向かうことにした。



 そこには大龍池(うふたちぐむい)という人口湖が広がっており、ジャングルと言うには多少小規模な感はあったが、緑豊かな森の中に湖がある光景はなかなか見事なものであった。



 既に待っていたお客さん30余名ほどと共に舟に乗り込むと、乗船受付のお姉さんが叩くドラムが鳴り響いたところで舟は出発、、、。

 

拡大写真

 舟に揺られながら見る景色も素晴らしく、数メートルもある高い木々や池の畔に植えられた着生蘭(樹木や岩上などに着生して育つ蘭)の大群、琉球王朝時代に沖縄に伝わったとされる水松、マングローブを形成する木々、そして池の上をすいすいと駆け回るアメンボやオキナワオオミズスマシ、湖畔で休憩中のバンやサギなどなど、多くの植物・生き物たちに出会えて感激したものだ。



 船頭兼ガイドさんは東西500メートルある池を丹念にまわり、楽しくかつ為になる解説までしてくださったが、その方によれば、生態系の確保に力を入れているビオスの丘ではめだかやナゴランなどの絶滅危惧種に指定された生き物や植物たちの姿まで観る事が出来るのだとか、、、。



 そういえば、幼い頃に見ためだかの群れも、父が良く話してくれた山々の自然もいつのまにか姿を消してしまったと気づかされると同時に、ビオスの丘が担う重大な役割を改めて認識させられたのである。



船頭さんの楽しいトークのお陰か、25分の遊覧もあっという間に終わり、乗船受付のお姉さんがドラムを叩きながら出迎えてくれた。



また来る機会があれば、今度はカヌーで大龍池をまわってみたいものだ。

 

自然の中で童心に帰る

拡大写真

湖水観賞を終えると、整理された遊歩道をゆっくり散策する事にした。



散策中、何組かの親子とすれ違う事があったが、どうやらスタンプラリーをしながらの散策であったらしい。



あちらこちらにスタンプラリーのスポットが見受けられたが、これなら子ども達も退屈せずに歩けるだろう。

 

拡大写真

園内には5つの庭があり、遊御庭(あしびうなー)、揚御庭(あぎうなー)、踊御庭(うどぅいうなー)、謡御庭(うたいうなー)、思御庭(うむいうなー)とそれぞれ沖縄方言の名前がついている。



5つの庭の一つ一つがそれぞれ違う表情を持っているので楽しく散策する事が出来たが、中でも、竹馬、輪回し、巨大だるま落としなどの昔ながらの遊び、そしてジャングルジムや巨大シーソーなどの遊びが楽しめる遊御庭は、特に親子連れにお勧めしたい。(殆どの遊具はどれも木で作られているので、あたたかい木の感触を味わいながら遊ぶ事が出来るのも嬉しい。)



また、まるでアニメ『アルプスの少女ハイジ』に出てきそうな長いロープのブランコやハンモックがある踊御庭も、ゆったりくつろぐには最適だろう。



その踊御庭のすぐ近くにあるビオスホールでは、ビオスの丘園内で見られる生き物のパネルや様々な蘭も展示されているので、こちらも要チェックだ。

 

ガーデンセンターで楽しむ

拡大写真

温室に直結した蘭専門店&沖縄土産品店での買い物も楽しめるだけでなく、実に様々な蘭の花を見る事も出来る。



私は何よりも先に、湖水鑑賞をしている時に船頭さんが紹介してくれた、チョコレートの香りがするというオンシジューム・シャーリーベイビーを探した。



「あ、ほんとだ。チョコレートの匂いだ!」

「バニラの匂いかも、、、。でもどちらにしても、美味しい匂いがするわね。」



他のお客さん達もオンシジューム・シャーリーベイビーの匂いを楽しんでいたが、貴方はどんな匂いと受け取るだろうか。



ビオスの丘に足を運んだ際には、是非オンシジューム・シャーリーベイビーの匂いを楽しむのもお忘れなく!

 

メモ

入園料金:大人(中学生以上)690円/小人(4歳〜小学生)350円

湖水観賞船乗船料金:大人580円/小人380円

入園+湖水鑑賞舟乗船料金:大人1,200円/小人700円

身障者特別料金/入園料金:大人300円/小人100円

* 身障者手帳などの掲示が必要。

* 身障者1名様につき付添いの方1名様は同料金で入園可能。



沖縄県内学校特別入園料金:大人300円/小人:100円

* 予め、所定用紙での申し込みが必要。



カヌー体験(2人乗り・30分)

大人(中学生以上)1500円

小人(4歳〜小学生)1000円

*以上、お一人様料金。



営業時間:9:00〜18:00 (年中無休)

湖水観賞舟は9:30から17:30までの間に30分おきに出航しているそうだ。
 
 

(ライター:China.G.G.)  


Data
場所: 沖縄県石川市嘉手苅961-30
電話番号: 098-965-3400
URL: ビオスの丘のURL

周辺の情報を「沖縄旅行・沖縄観光MAP」で探す

この観光情報を見た人は、1666人




沖縄観光・沖縄旅行情報に戻る
会社概要お問い合わせ沖縄・求人情報沖縄レンタルバイク
ゆんたく沖縄ダイビング情報不動産情報検問情報パソコンサポート
*
Copyright ©1998-2017 ClickOkinawa All Right Reserved.
*