沖縄の観光情報 【沖縄・旅行情報】



 
[ ゆんたくへ

沖縄旅行のガイドに!沖縄の観光情報・観光スポットをレポート

 
 

カテゴリから選ぶ

エリアから選ぶ




お薦めリンク





■勝連城址

阿麻和利(あまわり)の居城だっとして良く知られている勝連城。それは沖縄の東海岸、勝連半島に存在します。小高い丘の上にそびえる城跡をゆっくりと拝見してきました。


阿麻和利の城

拡大写真

ここ勝連城は今から約600年前に阿麻和利という人物の居城でした。その阿麻和利という人物は早くから己の才を発揮し若くして勝連一帯の按司(領主)となり、日本との対外貿易や農業に力を入れてその土地を豊かにしてきました。そんな彼を称える歌が「おもろそうし」にも存在します。



一 かつれんわ なおにきや たとゑる (勝連はなににたとえようか)

  やまとの かまくらに たとゑる  (大和の鎌倉にたとえようか) 

又 きむたかは なおにきや      (気高さはなににたとえようか)



  かつれんのあまわり (勝連の阿麻和利よ)

  とよひやくさ ちよわり (千年もこの城をおさめよ)

又 きむたかのあまわり (気高い阿麻和利)

又 かつれんとにせて (勝連にこそふさわしくて)

又 きむたかとにせて (品位ある勝連にこそふさわしく)



その歌からも多くの人に慕われていたというのがわかります。

 

いかつい城壁

拡大写真

城の下へたどり着くとそこには見上げるように城が腰をおろしています。城壁は多くの年月を超えてきたであろう歴史を感じます。結構きつい階段を登るとそこは一の郭。広々とした芝生の真ん中に大きな根を生やした木がたっていました。城自体が丘の上にあるためすでに中城湾を一望できる眺めと出会います。僕の行った頃はちょうど夕方だったので海へきれいな夕日を見ることができました。

 

二の郭、三の郭へ

拡大写真

一の郭の上に二の郭が、さらにその上が三の郭とここ勝連城は三つの階層に分かれています。一番上の三の郭はさすが小高い山の上にあるため東海岸の風景が360度のパノラマで見渡すことができます。その景色がまたすばらしい。はるか遠くまで一望できるその眺めは一見の価値あり。

 

阿麻和利亡き後

拡大写真

阿麻和利は宿敵護佐丸を倒したあと琉球王府へと討ち入りますが、逆に大敗を喫し亡き者になってしまいます。そのご琉球王府は勝連城を廃城としてしまい、その後は城内にある御嶽(うたき)として地元の人々が入るだけとなりました。その信仰は今でも続いており、現在でも拝みに来る方々が城内の拝所に手をあわせている姿を見る事ができます。

 

あまり知られていない夜景

拡大写真

またここ勝連城は小高い丘にある地の利から夜になると沖縄の東海岸の夜景を見ることができます。夜行く時は街頭などが存在しないため、足元の注意が必要です。石川方面から泡瀬、中城まで一望できる夜景はぼーとするには最高の場所です。満月の夜などは月の光がやわらかく景色を照らし出すためいつもとは違った景色に写ります。はるか昔には阿麻和利も同じような景色を見ていたのでしょうか。



電話/098-978-2158

住所/勝連町南風原

料金/無料

入場時間/見学自由

休/なし

アクセス/車で那覇空港から沖縄自動車道を使って45分

 
 

(ライター:だーしゃ)  


Data
場所: 勝連町南風原
電話番号: 098-978-2158

周辺の情報を「沖縄旅行・沖縄観光MAP」で探す

この観光情報を見た人は、208人




沖縄観光・沖縄旅行情報に戻る
会社概要お問い合わせ沖縄・求人情報沖縄レンタルバイク
ゆんたく沖縄ダイビング情報不動産情報検問情報パソコンサポート
*
Copyright ©1998-2019 ClickOkinawa All Right Reserved.
*