沖縄の観光情報 【沖縄・旅行情報】



 
[ ゆんたくへ

沖縄旅行のガイドに!沖縄の観光情報・観光スポットをレポート

 
 

カテゴリから選ぶ

エリアから選ぶ




お薦めリンク





■恩納村博物館

 恩納村博物館は国道58号線沿い、恩納村仲泊にある。前面はガラス張りの、シンプルかつモダンな感じの良い建物だ。庭の緑の芝生が気持ち良い。


恩納村博物館

拡大写真

 駐車場の脇には唐人の墓碑がある。仲泊の浜に流れ着いた中国の難破船乗組員を助け、死者に関しては手厚く葬ったという。似たような美談を島のあちらこちらで聞く。



 これほど平和的で博愛に満ちた人々が住む島に、日本全体の3分の2もの米軍基地が有るというのも皮肉なことだ。

 

拡大写真

 入り口には、那覇の荒焼の壷が並んでいる。琉球石灰岩でできた壁が、壷の素朴さを引き立てている。

 

拡大写真

 広々としたロビーにはテーブルと椅子があり、ここで座ってゆっくりとエメラルドグリーンの海を眺めることができる。

 

拡大写真

ロビーにはハーリー船も展示してある。ハーリーとは旧暦5月4日に、豊漁と安全を願って行われるボートレースである。このハーリー船は漁船を作り替えたもの。

 

拡大写真

 常設展示室全体は大きくないが、きめ細やかによくデザインされている。展示物のレタリングや展示方法は、この建物の外観に見合ってセンスが良い。

 展示物全体は大きく3つに分けられている。

1)恩納のくらし(民俗ゾーン)

2)恩納のみち(歴史・考古ゾーン)

3)神々が護る村 (シアター)

 

拡大写真

ゴーグル

 

拡大写真

食事

 

拡大写真

恩納村のくらし(民俗ゾーン)



 恩納村の人々がどのように自然と関わってきたかや、生活習慣を映像、造形を用いながら説明している。当時の村民が使っていたゴーグルや食べていた食事など、興味深い展示が多い。



 又、恩納のみち(歴史・考古ゾーン)では、交通手段、交易のの歴史などをわかりやすく展示している。



1階には図書室があり、沖縄各地域に関する書籍が閲覧できる。(図書室)

 
アクセス:国道58号線を那覇から北へ約1時間



開館時間:午前9:00‐午後5:00(入館は午後4:30まで)

休館日:月曜日 祝祭日の翌日 年末年始

入館料:小、中学生、高校生 30円(団体 20円)

    大、専門学生    50円(団体 30円)

    一般        100円(団体 70円)
 
 

(ライター:フフ・ジャービス)  


Data
場所: 沖縄県恩納村字仲泊1656番地の8
電話番号: 098-982-5112

周辺の情報を「沖縄旅行・沖縄観光MAP」で探す

この観光情報を見た人は、923人




沖縄観光・沖縄旅行情報に戻る
会社概要お問い合わせ沖縄・求人情報沖縄レンタルバイク
ゆんたく沖縄ダイビング情報不動産情報検問情報パソコンサポート
*
Copyright ©1998-2017 ClickOkinawa All Right Reserved.
*