沖縄の観光情報 【沖縄・旅行情報】



 
[ ゆんたくへ

沖縄旅行のガイドに!沖縄の観光情報・観光スポットをレポート

 
 

カテゴリから選ぶ

エリアから選ぶ




お薦めリンク





■比地大滝

 本島最大の滝『比地大滝』。やんばるクイナも声を潜めてたたずむ国頭村。深い山原(やんばる)の自然の中にそれは姿を現す。落差25.7メートル 豊富な水量に恵まれ、常にダイナミックに流れ落ちるその堂々たる姿は、時代をこえて人々を圧倒し続ける。『比地大滝』までたどり着くには、58号線を辺戸岬方面に北上し、道の駅「ゆいゆい国頭」手前の交差点で右折。途中『比地大滝』の看板が目に付くので道に迷う心配はない。


自然豊かなトレッキングコース

拡大写真

 入り口から徒歩約40分のトレッキングコースを歩く。キャンプサイトを横切り、山の奥へ奥へ突き進んでいくと、川のせせらぎや木々のざわめきに鳥や虫たちが合唱する。風が土や草花のにおいを運ぶ。こっちにもあっちにも生命が満ち溢れている。山原(やんばる)のマイナスイオンぜんかいだ。

 

拡大写真

 コースの途中にある高さ17メートル 長さ50メートルの吊り橋。高所恐怖症泣かせでも知られるこの吊り橋。強い風がふいたり、人が通るとたしかにゆれるが、高所恐怖症でもないかぎりは、そこからみえる山々があり、真下には比地川が流れ、気持ちのいい吊り橋でもある。

 

拡大写真

 トレッキングの途中、様々な生き物に出会うこともある。その中でもトンボ(リュウキュウハグロトンボ、オキナワサラサヤンマルリモントンボなど)や、蝶々(コノハチョウ、モンシロチョウ、アオスジアゲハ、クロアゲハなど)や、野鳥(やんばるクイナをはじめ、ノグチゲラ(特別天然記念物)、ヒヨドリ、メジロ、アカヒゲ、カワセミ、リュウキュウキジバト、アカショウビン、チョウダイズアカアオバトなど)などが生息しているという。運がよければ野鳥の歌声にトンボや蝶々のダンスが拝見できるかもしれない。

 

ついに・・・・比地大滝

拡大写真

 汗ばんだ体に、疲労感があらわれたかと思うと、滝の音らしきものがしだいに大きくなっていく。そろそろ到着の予感。期待を胸に抱き、自然に足取りも速くなる。



 滝の一部が見え、やがて全体が見えてくる。「ついに辿り着いたか・・・。」と、達成感とともに姿をあらわした。強音とひんやりとした強風が到着者を迎え入れる。圧巻。圧倒。偉大。常に休むことなく繰り返し流れ続ける水。繰り返し流れ落ちた水の力によって変形した岩。



 押し迫るような迫力と、き然とした自然の姿にあ然としている自分。自然の大きさと自分の小ささを感じ、しばし見とれる。

 
『比地大滝』は橋や遊歩道が整備されているので、気軽にトレッキングを楽しめるポイントだ。



利用料金(村外/大人200円・子供100円。村内/大人100円・子供50円)



入場は午後4時まで。
 
 

(ライター:ボンちゃん)  


Data
場所: 沖縄県国頭郡国頭村

周辺の情報を「沖縄旅行・沖縄観光MAP」で探す

この観光情報を見た人は、1832人




沖縄観光・沖縄旅行情報に戻る
会社概要お問い合わせ沖縄・求人情報沖縄レンタルバイク
ゆんたく沖縄ダイビング情報不動産情報検問情報パソコンサポート
*
Copyright ©1998-2017 ClickOkinawa All Right Reserved.
*